福井県海浜自然センター|フナのいる水族館

水族館

三方五湖の環境展示

水槽ごとにそれぞれの湖の生態系を表現している。

以前、私が三方五湖レインボーラインをドライブしに行った帰り、ふと立ち寄った道の駅三方でここの水族館の存在を教わりました。

三方五湖には日本固有種のナガブナが生息しているのですが、残念ながら私が訪れたタイミングではナガブナの展示はされていませんでした。

田んぼや水路の生きもの

入り口に入ってすぐの水槽。田んぼと隣に流れる水路の断面図を見せてくれる。

田んぼエリアではフナが泳ぎ、田んぼへの道(魚道)や用水路の環境もしっかりと再現している

フナの展示している水槽はたびたび水深の浅い水槽がまれに存在するが、ここも田んぼの環境を模してリウこともあって非常に水深の浅い。おそらく今まで記述してきた水族館の中では一番で浅い水槽ではないだろうか。

雰囲気も良く撮影がしやすい水槽ではある。

展示個体:ギンブナ
混泳魚:モツゴ、コイ、モクズガニ

三方湖の生きもの

三方五湖の中で唯一の淡水湖である「三方湖」こちらの環境を再現した水槽で、多くの純淡水魚が泳いでいる。

そこそこ大型の水槽でコイと同じくらいの大きさにまで成長した、老成個体のフナが泳いでいるとにかく見応えがある。

この水槽真ん中でセパレートが存在し、右半分は大型のナマズやコイが泳ぎ、左半分にはオイカワやカワムツなど比較的小型魚が泳いでいる。

フナの表記がかなり適当であり、ギンブナしか表記がされていないが、明らかに体高が高いゲンゴロウブナが泳いでいる。ナガブナももしかしたら混じっているのではないだろうか。

展示個体:ギンブナ、ゲンゴロウブナ?、ナガブナ?
混泳個体:カワムツ、オイカワ、カワアナゴ、コイ、ウナギ、ナマズ、スッポン

水月湖・菅湖の生きもの

三方五湖の中でも汽水である水月湖と菅湖の環境を模した水槽。

・・・ですが、実際に泳いでいるのがフナとコイのみ。(それとスッポン)

フナ好きの私からしたらこれほど嬉しい水槽はないのだが、汽水を模した水槽に純淡水魚しか泳いでいないのはやはり違和感を感じる。

展示の表記の枠はまだ余裕があったので、本当はもっとフナと混泳している個体がいたのではないか?
と考えられる。

展示個体:ギンブナ、ゲンゴロウブナ?
混泳個体:コイ、スッポン

ラムサール登録と固有な魚類

ラムサール条約に登録された三方五湖とその環境に生息する固有種についての展示がされている。

固有種としてヤリタナゴ、タモロコ、チチブにギンブナが展示されているのは非常に光栄である。

詳しくは教えていただけませんでしたが、三方五湖に生息しているギンブナは系統分類学上からすると三方水系固有種であるということを証明したということになります。

しかも、ギンブナ単独での展示である。こんなに嬉しいことはないですね。

こちらの水槽にもナガブナが見られないのは少々残念ではあるが、それでも大変価値のある展示である。

展示個体:ギンブナ

2024年2月:ナガブナの姿を確認しました

固有種のコーナーでナガブナを確認しました。

以前と同じようにギンブナがいたのですが、変異種として「ヒブナ」が泳いでおりさらには固有種の「ナガブナ」もいました。

ナガブナの体長は30cm超えでそれなりに貫禄があるお姿でした。多分、冬の漁で捕獲されたのでしょう。

腹部がかなり凹んでいるのが気になります、餌を食べられていないのでしょうね。
今後の健康管理に気を遣ってほしいですね。

展示個体:ナガブナ、ギンブナ、ヒブナ

湖の生態系に重要な役割を果たすエビのなかま

エビがメインの展示ではあるものの、この水槽にもフナが展示されている。

先ほど記述した通り、展示の主役はエビである「テナガエビ」であり、エビの形態を観察しやすいように水槽の形も少々変わっている。

本来水槽の側面から眺めるとは思うのだが、その範囲が縦に狭い。その代わり、水槽の上部が壁に向かって斜めに向いており、上から生物を見下ろしやすい形状をしている。水族館の配慮だろう。

これによって水槽の奥にいるテナガエビやフナを見やすい。

しかし、水槽表面に付いた小傷が天井の照明の光に反射して見えづらくなっているのが難点である。

上記での記載した通り、ギンブナの混泳個体は肉食性のテナガエビである。それでも展示個体のギンブナのヒレは非常に綺麗だったので、うまく共存できているのだろう。

展示個体:ギンブナ
混泳個体:テナガエビ、ヤマトシジミ

おまけ

館内入り口にも小さいがフナが展示していた。

展示個体もそれなりに小さいため、虫眼鏡が用意されておりそれをつかって観察できるようにと案内されている。

非常に興味深い水槽である。

水族館2階へ続く階段にもフナの写真がある。

訪問記 2024年2月

冬のフナを食べにまた三方五湖まで来たので、ついでにこの水族館にも立ち寄ってみました。

ナガブナが展示されていたのには非常に感動しましたね。
ここでずっとナガブナの撮影を行っていましたが、通りかかった飼育員から引かれてしまいました。

全国でここしかナガブナがいないのだから熱心に写真を撮ったっていいじゃないですか。

前回来た時もそうですがここの人たちは愛想がないですね。すっかり忘れていました。

水族館情報

TEL 0770-46-1101
住所 福井県三方上中郡若狭町世久見18-2
URL http://fcnc.jp
開館時間 9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜
入館料 無料
交通 公共交通機関がないので、車等で行くのが良いかと思います。
若狭三方ICより・・・国道27号・162号線経由で約20分
駐車場 あり

展示個体:ギンブナ、ゲンゴロウブナ、ナガブナ?

コメント