【水族館コラム】展示における「ギンブナ」

水族館

ども、あおいふなです。いつもサイトを閲覧していただきありがとうございます。

今回は一旦水族館の記事を書くのを休憩して、水族館に展示されているフナたちについて紹介していきたいと思います。

まずは、展示類の多いギンブナから参りましょう。

特徴

あくびするフナ。全身をピンと伸ばしている姿はなんとも可愛らしい。

ほぼ日本全国の中・下流、湖沼に生息しているフナ。

「フナ」といえばギンブナを指す地域も少なくありません。

生息域が広いこともあり、フナのいる水族館にはほとんど展示されています。
系統分類学によって、水域によって系統が違うことが判明しており、近年ではそれも踏まえて水系の固有種として解説している水族館もある。

展示水槽の傾向

老成したギンブナ。体長40cmを超え、存在感は満点である。

展示水槽の種類が非常に多い為、一概には言い切ることができません。

主に日本の川の中流、下流に展示していることが多いです。

水槽の規模によって大きさはマチマチであり、里川を表現している水槽では小型であり、
コイが泳ぐような大型水槽で展示している個体はよく30cm超えています。

ギンブナしか展示していない水族館においては、とりあえず、淡水の水槽に突っ込んでおくかというくらいに説明のパネルも用意しないくらいに適当な場所もありますが、丁寧に単独飼育や見分け方、解説を入れているところもあります。

また、他の魚と比べて体が丈夫であり、寿命も長いこともあり、長期間飼育して老成した個体を見ることが多いです。
何気なく水族館を見ていたらものすごく大きくてヨボヨボの個体を見つけて驚くことも少なくありません。

混泳魚の傾向

小型のタモロコやタナゴとはじめとして、大型魚ではコイやウナギ、ナマズなど非常に幅広く混泳している。

危害を与えず、かつ丈夫で危害を受けにくいことからどんな魚とも相性が良いのだろう。

ちなみに混泳魚がタモロコやタナゴなどの小型魚しかいない場合は水槽で一番大きい個体になり、水槽では主役となる。

展示している水族館が多い分、水族館によって混泳魚が異なるのも一つの魅力である。

展示してる水族館

ほぼ全部。

私が今まで見てきたフナの展示している水族館のでは少なくとも40館近く展示を行っていた。

唯一、水産学習館などではギンブナ、ゲンゴロウブナなど他のフナが展示していてギンブナの展示していないことはあるが、フナのいる水族館なら大半は飼育展示をしている。

展示に力を入れている水族館

福井県海浜自然センター

フナだけの単独展示水槽があり、三方水系での固有種であるということの希少性を説明している。
当然、系統学による分類もできている証拠であり、学術的にも進んでいる。

ゴビウス

宍道湖に生息しているギンブナを複数展示しており、様々な展示においても丁寧に解説がされていて、フナに対する愛情がひしひしと感じられる水族館である。

美ら海水族館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジンベイザメでお馴染みの沖縄の水族館であるが、意外にもギンブナを単独展示されている。
展示個体も沖縄の系統についての解説がなされていて、環境の中のフナではなくフナ単体にスポットを置いている素敵な展示である。

まとめ

いかがでしたでしょうか、ほとんどのフナのいる水族館で見られるフナについて少しでも興味を持っていただけたら幸いです。

コメント