【フナ飼育】飼育水槽の選び方

飼育室

今回は飼育する上で欠かせない水槽について解説していきます。

基本的にはフナを飼育するのために、どんな大きさのどんな素材の水槽を選ぶのがベストでしょうか、一緒に見ていきましょう。

水槽の大きさの目安

小型水槽(40cm以下)

水槽は大きければ大きいほど水量が多く、快適に生活できます。
小型水槽では飼育できないということはありませんが、エアレーションや濾過装置をしっかりと用意すれば飼うことはできます。

濾過装置としては投げ込み式がコンパクトで便利かと思います。濾過性能を最大限に生かすなら底面式もありかと思いますね。

フナを飼育する場合ならキンブナ程度なら快適に飼育させることができると思いますね。

飼育目安

小型個体 6匹程度
中型個体 3匹程度

中型水槽(40〜60cm)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

60cm程度の水槽ならば小型水槽以上に飼育匹数をふやすことができます。
水質変化が激しくなくなるようになりますので、エサを与えて大きな個体を飼育することもできるようになりますね。

濾過装置としては安価な上部式フィルターや景観を損わない外部式フィルターも候補に入ってきます。

飼育目安

小型個体 10匹
中型個体 6匹
大型個体 3匹

大型水槽(60〜

大型水槽になればいよいよ多くの個体を水槽で飼育することができます。
水質の変化が緩やかになるので、大型個体を育てたりレイアウトに凝ることも可能です。

フナの場合は大きく成長しますし、群れを成して泳がせるためにも90cm以上の水槽があると好ましいですね。

濾過装置としては中型水槽同様にサイズが合う上部式や外部式が候補になります。
濾過性能を求めるならばオーバーフロー式も候補になりますね。

飼育目安

小型個体 15匹以上
中型個体 8匹以上
大型個体 5匹以上

水槽の種類

材質、サイズ、デザイン等が非常に豊富な現在、フナの一生の住まいとなりますので、丈夫さ、きれいさ、管理しやすさの点を重視して慎重に選択したいものです。

ガラス水槽

現在、一番多く流通しており、値段も一番安定している。
一昔前には枠がステンレス製であったが、現在は下枠だけを残し、シリコンで固定した物が多く出回っており、さらに一枚の曲げガラスでできた水槽が開発されている。

各メーカーから作られている品は非常に安価なので、90cm以下の水槽を買うにはオススメである。

大型になると、値段が跳ね上がり重量も非常に重くなる上、製造サイズに限界があるため、ビックタンク導入にはお勧めできない。

たいていの場合は60レギュラー(60×30×36)の水槽がオススメ。濾過装置やライトがついて数千円だ。

アクリル水槽

プラスティック水槽の中でも最も注目を集めている水槽である。ガラス製水槽と比べて重量が軽く、透明度が高く、評価が高い。

アクリル板の厚さを調節することで大きさを自由に変えることができるため、オーダーメイドが可能。
水槽の幅が90cmを超える大型水槽の設置する際には着目しておいた方が良い。

傷つきやすい点があり、コケ取りの際には慎重に行う必要がある。傷を補修ことができるという利点もある。

アクリル板は非常に高価であり、そこまで流通していないが、水族館の水槽で多く使用されている。

スチロール水槽

虫かごという名のプラスティック水槽。

サイズは45cmまでの各種があり、価格的に非常に安価であるのが利点。

アクリル水槽以上に傷がつきやすく、時間が経つうちに曇る。その上、あまり丈夫ではない為、
主体としての使用はオススメできない。

繁殖用や稚魚用、トリートメントタンク等専用としての短期間の使用には向いており、サブタンクとしての使用には重宝する。

ふたや取っ手が付属しているため、扱いが用意である。(エアチューブ用の穴が開いていることも多い)

・小鮒であれば、30cmの水槽で飼育は可能であり、60~90cm以上の水槽なら育成や繁殖も行うことが可能である。
・ただし、金魚撥での飼育は殆ど不可能といっても過言ではない。

まとめ

いかがでしたでしょうか、全て揃えなくても少しずつでもフナにとって快適な環境を作り上げていきましょう。

コメント