【品種改良学】中国の改良種まとめ

水産学

中国の改良品種

フナを食用としている文化が日本よりも多く広まっている中国では改良品種が日本よりも多彩である。日本のゲンゴロウブナをベースとして改良された品種を紹介していく。

高背フナ

高い背のフナは雲南テン池と水系の発展する1つの優位の群であり、前世紀の70年代中期ごろの魚である。
特徴は体が大きく成長も早い、尚且つ繁殖能力が強く、背中が高くそびえるため立派な体高である。また、最大重量が3kgを超えます。親水性は強く内陸で飼育するべきではない。

方正銀フナ

原産は黒竜江省方正県の双風のダムに住む良種。方正銀フナの背中は暗い灰色で、体の側と腹部は深く銀白色である。最大重量は1.5㎏、普通は0.5~1㎏ぐらいになる。

彭沢フナ

彭沢フナは江西省の水産の科学技術者が育成した1種の良種フナ。肉の味が非常に美味しく、栄養が豊富である。体型はふくよかで運送も容易、暫養よい、釣りやすい、新鮮であり発売しやすいなど生産と釣りを兼ねている1種である。

淇河フナ

河南省北部で1本の西東を流れる山岳地帯性河川淇河の魚である。淇河はいつも結氷せず、1 ~2月の時、水温は10℃以上、両岸の水草も生い茂りっているので、優良な生態環境、淇河フナの生長、繁殖のために良好な条件を創造できていた。淇河のフナの肉がとでも柔らかく、味がよい。古典籍の記録によると、淇河のフナと香米、糸卵が現地の三大名産である。

上述の何種類の経済的な値打ちがある良種フナ以外、江蘇省六合県の竜池フナがいる。
内モンゴル海拉爾地区の海拉爾の銀ブナは、体大きくて肉が柔らかいく、味もよい。
その味から地元の群衆に深く受けられた。

交雑のフナの品種

異育銀フナ

それは方正銀フナを元に興国の赤鯉を雄株にして、所得の子の世代を交配する。異育銀フナは普通のフナの魚に比べて2~3倍近く成長く、適応能力も病気にも強い理想のフナである。大きい水面に放し飼いにすることが出来るので、とても良い人工品種を繁殖できる。

交雑フナ

方正銀フナをもとして、太湖の野生のコイの雄株“交雑”のために獲得する子の世代。
それの交雑の優位は明らかで適応性を持つのが強くて、生長が早い、体が大きい、食性が広い。病気も少なく、肉の味が非常に美味である。池や湖、川にも養殖やすいともに経済値打ちもある品種である。

最新のフナの品種

湘雲フナ

湘雲のフナは湖南師範大学の生命科学院の劉均院士のグループが課題として取り組む。
細胞の技術と有性雑交の互いを結合する方法を使用し、10数年かけて育成した三倍体の新型の魚である。その他のフナと比較して、湘雲のフナは次の通り優良な特性がある。
自身の繁殖は出来ないが成長は早く雑食性で何でも食べる力強さがあり、病気を予防する能力も高く、栄養質は日本のフナや鯉よりアミノ酸は多い。また国家級の天津市は新換水産の優良品種が有る。

文献 日中魚釣倶楽部(蘇州)

コメント