【フナのいる水族館】島根県立 宍道湖自然館 ゴビウス

水族館

汽水を舞台にした日本初の水族館

日本で初めて汽水を舞台に、海に繋がる汽水湖である宍道湖と中海の生態系を中心に、島根県の川や池の生物を展示している水族館です。

ここでは宍道湖に生息する2種類のフナを、もともと生息している環境そのままに汽水と同じ塩分濃度で展示を行っている。水槽では4ヶ所、それ以外でも2ヶ所と比較的多い。

フナのいる水槽

汽水の仲間たち

入口から入って最初の水槽展示です。早速その水槽からもフナを展示しています。

ジャンルとしては宍道湖をはじめとする汽水域の魚としての展示を行っている。

ちなみに宍道湖は1~5%だそうです。汽水といってもみそ汁(約10%)以下なので、塩味としては薄いほうだろう。

背景に擬岩を使用しており、宍道湖の岸を表現している。 

展示個体:ギンブナ
混泳個体:ボラ、コイ、ウグイ、ワタカ、チチブ

宍道湖・中海のジオラマ

当館では一番大きな水槽。宍道湖と中海の水中を表現したジオラマの水槽である。
遠目から見ると二つの水域の生態系を一度に体験できるので、インパクトがすごい。

こちらにも宍道湖側の水槽にフナが展示されていた。残念ながら、ここにはフナの記載はなく、コイに紛れて入ったのではないかと考えられる。見た目からしてギンブナであると考えられる。

本種は水槽の底付近で餌を食べていることが多いので、見つけるのが難しく、
また、水槽の枠の関係で下部にいる魚が撮りにくいので、ここでの撮影も比較的難しい。大きい水槽なだけあって少々残念である。

  展示個体:記載なし(ギンブナ)
  混泳個体:スズキ、ウグイ、コイ

川のなかまたち

ジオラマコーナーを過ぎると、宍道湖と中海から離れ「川のなかまたち」というコーナーになり、島根県の河川に生息する魚類について一つの水槽に1種類だけの単体展示を行っている。ここでもギンブナが展示されており、この地方は食文化での関わりが強いのだろう。
水槽内には小柄なフナが多く水槽内で群れを成して泳いでいました。

展示個体:ギンブナ

河川ジオラマ

「川のなかまたち」のコーナーの先には壁面丸々と横に長いジオラマ水槽が広がっていた。ここでも河川のジオラマを作成しており、上流から下流まで再現している。

ここでも右側の中・下流域のコーナーにはフナの展示がされている。宍道湖のジオラマと比較すると混泳魚がタモロコやオイカワと小柄な個体が多いので、コイの脇役とはいえフナが目立つ展示なのが嬉しい。

  展示個体:ギンブナ、ゲンゴロウブナ
  混泳個体:コイ、タモロコ、オイカワ

おまけ

 ここからは記載はされていないものの、水族館内で見つけたフナについて記載していく。

入口の池

水族館の受付のすぐそばに水槽コーナーへ向かうためのガラス張りの通路があるのだが、その通路から下をのぞくと、真下には池があり、泳ぐコイを上から見下ろすことができる。本来、水族館は横や上からのぞく水槽が多い。華やかさは少ないものの、普段は体験できない視点でありこれも一興だと感じる。
そんな池の中にもコイに紛れてフナが泳いでいる姿を確認できた。上から見た感じではギンブナであると考えられる。

水草コーナー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水族館の最後に水草の展示をしているコーナーを通りかかる。
そんな水草の中にも1匹だけ小さいフナが泳いでいた。水草と魚の関わりを表しているのか、それとも水槽内のコケや伸びすぎた水草の掃除役として入っているのか、単に水草に紛れて入ってしまったのか…真相は分からない。 

水族館情報

TEL 0853-63-7100
住所 島根県平田市園町沖の島1659-5
URL http://www2.pref.shimane.jp/gobius/
開館時間 9時30分~17時
休館日 火曜(祝日の場合は翌平日)、12月28日~1月1日
入館料 大人500円、小・中・高校生200円
年間パスポート 大人1400円、小・中・高校生500円
交通 電車: 一畑電鉄湖遊館新駅から徒歩10分(または出雲空港からタクシー約10分)
車: 山陰道宍道ICから国道9、県道23号線などで約12分

駐車場 あり
展示個体 ギンブナ、ゲンゴロウブナ

コメント