探り釣りに適した仕掛けとパーツの選び方|マブナ釣り

水産学
先生
先生

今回はマブナ釣りの仕掛けについて解説して行きます。

私は基本的にはシンプルにウキとオモリだけのスタイルが多いのですが、
マブナにおいては様々なポイントで探り釣りをすることが多いので、それに適した仕掛けも存在しています。

よろしければ参考に作ってみてくださいね。

仕掛けについて

マブナ釣りでは、仕掛けによって大して左右されないといっても過言ではありません。

しかし仕掛けとは、魚がいるところにエサを送り込むための物であり、付き場によって環境が変化していくため、その場その場で合った仕掛けが必要となります。

また、単一な仕掛けである程度攻略できますが、マブ師が持つ仕掛けは、仕掛けは非常に個性があふれています。この仕掛け作りもマブナ釣りの醍醐味といえるからです。

ここでは、様々な環境に対応できる仕掛けの選び方とその仕掛けの標準形について紹介を行っていきます。

皆さんもそれを習い作ってみて、各環境にあったオリジナルの仕掛けを作ってみてください

仕掛けに必要なものと選び方

ウキ

先生
先生

ウキは魚がエサを食べる動作に敏感に反応して釣り人に水中の状態を知らせる役割になります。

 ウキは木材や鳥の羽根軸、バルサ材、発泡スチロールなどで魚のアタリを敏感に伝えるだけでなく、浮力で仕掛けを水中の定位置に保っておくことも大切な役目です。

これは魚の泳いでいるタナにエサを合わせることによって魚の食いを刺激しようとするのが狙いですね。

ウキとしては浮力調整が最も重要で、浮力が大きすぎると魚にアタリが伝えにくいものや、
浮力が小さくてウキのトップがさざなみにもまれて見えづらいようなものはいずれも仕掛けやオモリのバランスがうまく取れないから不適当ですね。

マブナ釣りの場合

マブナ釣りではゆっくりとエサを落として、魚の食いを誘うために「シモリウキ」というオモリに引かれて水中に沈んでいくウキも使用します。

オモリ

先生
先生

エサを釣ろうとする魚のポイントへ仕掛けを送り届ける役目をします。

そのためには小さくて重たいものが要求されるため、成形しやすく安価な「鉛(ナマリ)」が主に使われています。

女の子
女の子

ナマリって有毒じゃないの?

先生
先生

ずっと触り続けるわけでも、
口に含むわけでもなければ影響はありません。

オモリの役目は、ポイントへ送り届けるほかにも、ウキとのバランスを保ってウキにアタリが伝わりやすいようにするなどいろいろありますね。

オモリの重さは1号(3.75g)が基準です。川釣りの場合は1号よりも小さなものがよく用いられます。ガン玉と言って釣り糸に挟み込んで固定させる簡単なものが多いですね。

また、重さを調整する時に便利な板オモリというのがあります。これは板状のナマリをカットして巻き付けるだけなので、浮力調節が簡単です。川釣りではよく用いられますね。

マブナ釣り

マブナ釣りの場合は一般的に板オモリ巻きや小さなガン玉を使います。
また引き釣りは丸型の通しオモリ1〜2号を持ち入ることが多いですね。

ハリ

釣り針の種類は目的とする魚の習性や口の形状、ターゲットとなる魚の口の大きさに合わせてとにかく多種類に存在しています。

先生
先生

 川釣り用の針は大きく3つに分かれており、丸型、袖型、角形の3タイプに分かれています。

釣り針の種類

丸型
 口が大きくてエサを吸い込む魚用
袖型
 口が小さくてエサを小刻みにちぎるような魚向け
角型
 口が大きく、エサを取る動作の敏捷な魚向け

女の子
女の子

フナの場合は丸型や角型が多いでしょうかね。

おすすめは釣り針にカエシのないスレ針をよく使います。

スレ針はすぐに抜けてしまうとは思われがちですが、
しっかりとかかれば抜けることも少ないですよ

先生
先生

魚への負担も少なく、釣り上げた魚を持ち帰って飼育したい時にはおすすめですね。

男の子
男の子

不器用な私は間違って服や肌に刺さってしまっても
ハリがぬけやすいでから安心ですね。

道糸について

先生
先生

針とエサ、オモリなどの仕掛けとして大事な部分を水中に送り込む部分です。

道糸の素材は基本的にはナイロンになっています。

道糸は針と同じように号数が大きくなるごとに太くなります。
川釣りでは余程の大物を狙わないのでしたら0.8〜1.5号が多いですね。

稀に3〜5号を使うこともありますが基本的には細めのものが主流となりますね。

男の子
男の子

マブナ釣りの場合は1〜1.5号が無難ですかね。

ハリス

ハリスは針に直結する部分ですから道糸よりも細くて魚に警戒心を起こさせないようにすることが重要です。

細くてもいいものではなく、細くても縮れにくいもの、水中で沈下しやすいものという条件が必要ですね。

先生
先生

フナの場合は0.4〜0.8号などの太さが使われることが多いですね。 

仕掛け|探り釣り

フナ釣りといえば探り釣りです。探り釣りは主に複数のシモリウキを用いて行う釣りになります。

この探り釣りは大きく3つに分かれており、それぞれシモリ釣り、引き釣り、ツギ釣りと型が存在します。

いずれも仕掛けをごく自然にゆらゆらと水底に落とし、その後、底をはうように泳ぐマブナの食い気を刺激させる釣り方ですね。

シモリ釣り

フナ釣りに関するタックル、仕掛け図解
オーナー
アノニマスアングラ―
カテゴリー
フナ釣り
対象魚
マブナ
ライン
1号
ウキ
シモリウキ 1号
オモリ・シンカー
板オモリ
ハリス
0.8号
ハリ・フック
スレ針 2号
総額
~30,000円
Created with 魚速タックルDB

まずはシモリ釣りです。これは仕掛けの長さを竿よりもやや長くしてポイントのあちらこちらを探りながら釣る方法になります。

この釣りは主に水深が1m以下の水路や河川等で使用すると重宝する釣法。複数のウキを使用するため、水深の変化に対応できる点が強いですね。

この釣りのアタリはウキが消し込んだり食い上げによりウキが浮かんだりします。この釣りではあまり強く合わせたりしないのがコツですね。

探り釣りの標準な釣り方といえるでしょう。

先生
先生

用水路メインなら主に2.7m程度の短い竿で至る所を探るようにしましょう。

引き釣り

フナ釣りに関するタックル、仕掛け図解
オーナー
アノニマスアングラ―
カテゴリー
フナ釣り
対象魚
マブナ
ロッド
4.5〜5.4mのカーボンロッド
ライン
1号
ウキ
シモリウキx3
オモリ・シンカー
中通しオモリ 1号
ハリス
0.8号
ハリ・フック
スレ 3号
総額
~30,000円
Created with 魚速タックルDB

次に引き釣りです。これは4.5〜5.4m程度の長い竿を用いて深場に潜む魚を狙う釣りになります。基本的には脈釣り方式ですが、マブナはじっくりと餌を食いますのでこちらもシモリウキを用いてアタリをつかむようにします。

オモリは1〜1.5号程度の比較的重たいものを使用しましょう。

この釣り方はそろそろ深みから動き出すような春先の巣離れの時期などに使用することが多いでしょう。

先生
先生

この釣り方で次から次へとポイントを探って行きましょう。
エサは赤虫を房がけすると有効です。

ツギ釣り

フナ釣りに関するタックル、仕掛け図解
オーナー
アノニマスアングラ―
カテゴリー
フナ釣り
対象魚
マブナ
ロッド
3.6〜4.5m カーボンロッド
ライン
1号
ウキ
唐辛子ウキ,シモリウキ1号
オモリ・シンカー
板オモリ
ハリス
0.8号
ハリ・フック
スレ針 3号
総額
~30,000円
Created with 魚速タックルDB

次に紹介する釣り方はツギ釣りです。これは短い仕掛けを用いて水草や杭の真上から垂直に釣ります。

先生
先生

穴釣りと同じ要領の釣りですね。

主に春ののっこみに浅場を探るのに適した釣りになります。

ウキを通常のウキと水中のウキの2段構えにして水面と水中の両方でアタリをとっていきます。

先生
先生

フナが生息している場所は水草が生えている場所が多いですからね。
この方法だと仕掛けが絡まりづらいのでおすすめです。

並べ釣り

フナ釣りに関するタックル、仕掛け図解
オーナー
アノニマスアングラ―
カテゴリー
フナ釣り
対象魚
マブナ,五目釣り
ロッド
2.7〜4.5m カーボンロッド
ライン
1号
ウキ
玉ウキ
オモリ・シンカー
ガン玉
ハリス
0.8号
ハリ・フック
スレ針 3号
総額
~30,000円
Created with 魚速タックルDB

次に並べ釣りになります。これは岸や舟から扇状に3本ほど並べて釣りを行います。

あくまでも底釣りにはなりますが、場所に応じて立ちウキの仕掛けにすることがおおいですね。

これにより小型〜中型のフナを数狙うことができます。

この釣りをする時には竿かけを用いて順番にエサを点検しつつ打ち返しながら食いをさそっていきます。

まとめ

ということで今回はマブナ釣り用の仕掛けについて紹介していきました。

私は絡まったりすることでのタイムロスを減らすために極力仕掛けはシンプルにはしていますが、
各々の釣りのしやすい仕掛けで挑んでみるのも面白そうですね。

コメント