【研究室】コイの体色変化の確認

研究室
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コイの体色変化の確認

実験期間

平成26年9月20日〜9月24日

実験目的

今回の実験ではフナ以外の個体を用いた場合でも乾燥環境において体色変化がするのか調べていく。

コイはフナと比較して色素胞が非常に似ている為、同じ現象が起こるのか確認していく。

実験個体

コイ(Cyprinus carpio
品種 : マゴイ
体長 : 17cm程度

実験方法

今回の麻酔方法は氷冷麻酔を使用した。。

氷水の入った発泡スチロールの容器に供試魚を入れ、10分間ほど麻酔を掛ける。

その後、供試魚を取り出して氷の上に置き乾燥させる。

実験前と実験後に供試魚の鱗を摘出して顕微鏡を用いて観察します。

顕微鏡の観察倍率は色素胞の観察のしやすい40倍と100倍の倍率で観察を行う。

実験後は供試魚を水槽に戻して経過を確認する。

実験結果

体色変化の特徴としては、ギンブナと同じ現象が起きていた。

コイは実験後にすぐに麻酔が解けて元気に水槽で泳いでいた。

考察

マゴイを用いた実験を行った結果、青色に体色変化したを確認できた。

これによりフナ以外の個体にも同じ現象が発生することが判明された。

実験後にも無事に生存しており、本種ではこの実験の方が適正なのかもしれない。

体色が青い個体のコイの観察

今回はたまたま入手した体色が青色をしている品種である錦鯉の鱗を摘出し、顕微鏡を用いて色素胞を観察していく。

通常の個体とは異なる青色の色素胞の配列を観察すると共に虹色素胞の状態も観察し、青色編変色現象の不思議を解明していく。

実験期間

平成26年 10月23日

実験個体

コイ(Cyprinus carpio)
品種:秋翠(シュウスイ)
体長:19cm

この個体は体全体が青色をしているのではなく、上部のみが青で、下部は金魚のような赤色をしていた。

その為、摘出箇所は上部の青い鱗のみを使用した。

観察結果

考察

今回は錦鯉の虹色素胞を観察したが、やはり青みを帯びた虹色素胞が多くみられた。

しかし、鱗表面は金魚同様に別の色素胞の組織が見られた。

このことから、体表から青い色素胞とは別の色味が見られる形となった。

コメント