【全種】全種を飼育した時の設備と経過

飼育室

今回は飼育環境について解説していきます。

当然多くの個体の飼育を行うと収容する環境とメンテナンスに気を遣うこととなります。

飼育設備各種

  • 水槽:90スリム水槽(幅90×奥行き30×高さ37、水量 約100L)
  • 濾過:外部濾過(ユーロ60)
       投げ込み式濾過(フィッシュレット)
  • ヒーター:150w
  • 照明:コトブキ製 LEDタイプ
  • 底砂:田砂13kg
  • 水草:マツモ、アナカリス

我が家での基本的な飼育環境になります。

イメージとしては里川を考えていますが背面が普通に何もなく殺風景な感じが否めませんね^^;

遊泳スペースの確保も大事ですし、そのうちマツモがモサモサ生えてくれることを期待してシンプルな感じにしていました。

水槽

今回は90スリム水槽を用いて飼育実験を行います。我が家の中では二番目に大きい水槽ですが、規模としては60cm水槽とあまり変わらない程度ですね。

それでも飼育個体が10cmを超えない程度だったので、問題ないと判断しました。

やや幅がありますので、餌を水槽の端から与えると遠くの個体は餌の存在に気が付かないということもありました。

濾過装置

フィッシュレット。濾過性能はピカイチである。

濾過装置はコトブキ製の外部式濾過装置を1台使用していました。音も静かでいいのですが、曝気があまりされずに水中の酸素濃度が低くなってしまい、

酸欠気味になってしまったのでエアレーションと濾過能力向上も兼ねて投げ込み式フィルターであるフィッシュレットを投入しました。

取り出しや掃除が煩雑でメンテナンスに手間が掛か離ますが、濾過機能としては非常に優秀でした。
目に見える程早くゴミやフンを吸い込むので水槽を手軽にきれいにできます。

照明環境

水草の生育も考えて照明はコトブキのLEDタイプの物を導入しました。

蛍光灯タイプと比較して光量が強く感じますが、飼育している個体が極端にはおびえていないのでこれで良しとしました。LEDタイプは蛍光灯の交換も必要なく手間が減るのもありがたいですね。

底砂

フナが砂を掘り起こすことが多いです。

小型個体の飼育になるので底砂は田砂を使用しています。

色味としては大礒砂の方が体色が濃くなるので好みではあるのですが、これでも砂粒が大きすぎるため砂を口で含むときにストレスと与えてしまうことになるので、粒は小さい方がいいですね。

これによって飼育個体の体色は明るい黄褐色が多くなりました。

田砂なら底面飼育も悪くないですが、掃除の手間を考えてやめました。

飼育経過

多数飼育のため、割と慣れるのは早かった。

 以前、パーカーホも混泳していたので、その名残でヒーターが付いていました。今年の冬でも水温を一定に保てたので、本来は水温が下回る1~2月の朝夜の時間帯も餌の食いが良好で健康的でした。

成長速度の差

半年近く飼育をしていたが、成長速度が速く飼育個体に差が出始めてしまった。

正確に言うならば、オオキンブナ、ギンブナ、ナガブナが成長速度が早く明らかに大きくなっていた。

ニゴロブナ、ゲンゴロウブナは餌の食性が合わなかったのが原因だったのかもしれませんね。

キンブナはすで成長速度が早くないと言う話は聞いていたが、やはりあまり早くなかった。
群れることをしないため、給餌のタイミングでは他の魚が餌を食べに群れているタイミングで本種来ずにマイペースで餌を探していることが多かったのが原因ではないでしょうか。

濾過機能の不足と水質悪化

また、その影響下で給餌量が増えると同時に餌の食べ残しやフンの量も増えてしまった為か、
ろ過が追いつかずに水質が悪化してしまい、体調を崩す個体が出始めました。

調子がすぐれなくなる個体が出てきた。

その為、飼育実験は中止し、一度トリートメントを行った上で成長した個体は別の水槽に移し飼育密度を軽減させました。

5ヶ月程度の短期間での飼育でしたが、同じ環境下での飼育というのはあまり行なったこともなかったため、新鮮でした。

体色がほとんど同じなので、フナ同士の同定作業には非常に気を使ったり、個体ごとの生態の違いが見られたりと非常に興味深い実験になりました。

今後やるとしたら、飼育環境をもっと水量の多い90cmレギュラー水槽にしたり濾過装置を追加したりと長期飼育をできるようにしたい。

そう考えていても正直速度に差が出てしまうので、全ての個体を同じサイズで飼育するのは難しいだろう。

まとめ

いかがでしたでしょうか、

全種類のフナを飼育することはなかなかできることではなかったので、今後飼育環境が整ったらまた挑戦していきたいと思います。ではまた。

コメント