メスしかいない魚?ギンブナの性比と単為生殖|繁殖方法

生物学
先生
先生

今回はギンブナの性比と単位生殖について解説していきます。

この特徴は魚類はだけでなく脊椎動物内でも稀な特徴になります。
一緒に見ていきましょう。

ギンブナの特徴と性比

ギンブナは日本全土の河川に生息している魚類です。
体長は25cm程度でゲンゴロウブナには劣りますが体高が高めです。

また、ギンブナの雌と他のコイ科魚類と交配してもギンブナが産まれる
いわゆる「単為生殖」の現象が知られています。

ギンブナについての詳しい内容はこちらでも解説しています→【魚類解説】ギンブナ

ギンブナの性比

日本産のギンブナの性比は、太平洋側の水域では一般にオスが極めて少ないのです。

先生
先生

特に関東平野では雄がほとんど見当たらないと言われています。

雄が普通にみられる岡山県のような場合も、
富山県のように雄雌の割合がほぼ同率のところもあることが知られています。

西日本では性比が同率という件については同じフナの仲間で類似しているオオキンブナの存在があり、この個体と混同している可能性もあります。

先生
先生

今回は追求しないでおきましょう。

気になる方はこちらをどうぞ

追い星を持つギンブナ

追い星を持つギンブナ

そんなメスしかいないギンブナですが、中には例外も存在します。

これは私が以前に本栖湖でダイビングした時に見かけたギンブナですが、
鰓蓋部分に追い星が確認できます。

通常、追い星は「繁殖期に成熟したオスの鰓蓋につくもの」になります。

この件で言うとこのギンブナはオス個体ということになります。

本来はメスしかいないはずのギンブナですが、この現象は非常に珍しいですね。

先生
先生

ただ、文献によってはメスにも発生することもあると言いますので、一概にはいえませんね。

ダイビング中ですので他の雌雄の確認箇所も見れませんし、真相は湖の中ですね。

単為生殖について

脊椎動物の中でもシュモクザメやコモドオオトカゲは両性生殖が主ですが、
稀に単為生殖で繁殖できることが知られています。

先生
先生

しかし、ギンブナは単為生殖をメインで繁殖をやっているのです。

ギンブナ繁殖の方法

ギンブナのほとんどがメスになり、関東地方ではオスの存在すら確認されていないといいます。

それではメスだけで、子孫を残すのかその方法を紹介します。

まずギンブナのメスは産卵を行い、フェロモンを出して他種の魚であるドジョウやコイのオスを騙して放精させます。

そしてギンブナの卵子に他種の魚の精子が進入して受精・・・できません。

お互いの核は結合せず卵子は精子を跳ね返します。

この擬似受精がきっかけで卵子は細胞分裂が始まり、
誕生する子供は母親遺伝子のみを受け継いだクローンが生まれ繁殖するといいます。

単為生殖のメリット

本来は接合によって新しい個体を生ずるはずの生殖細胞が、接合を経ることなく新しい個体を形成されます。

本来はオスとメスの遺伝子が結合して新しい個体が生まれるはずなものが、結合されずにメスだけの遺伝学のみで増えるということになります。

これによりすべての子孫が母親と同じ遺伝子を受け継げることができます。

有性生殖の場合は配偶子をわざわざつくる必要があることや、雌雄が出会わないと子孫を残せないなどのデメリットがありますが、単為生殖はその必要がありませんね。

単為生殖のメカニズム

繁殖期のゲンゴロウブナ。本来ならば雌雄集まって繁殖する。

通常の場合

なぜ、雄性遺伝子を受け付かずに雌性遺伝子だけで繁殖するのでしょうか。
それはフナのほとんどが3倍体という通常より染色体の数が多いからです。

他のフナは本来の両性生殖するフナは(2倍体=2n)になります。

通常の2倍体の細胞核にはオスとメスとも100個の染色体があります。

それぞれ減数分裂によりオスの精子に50個の染色体とメスの卵子に50個の染色体が合体して
オスとメス両方の遺伝子を受け継いだ100個の染色体をもつ2倍体の子供が産まれます。

3倍体の場合

一方、150個の染色体(3n)をもった個体が現れました。これが(3倍体=3n)になります。
今ではその個体数は圧倒的に多くなります。

3倍体は減数分裂をしないためその卵子も3倍になります。
正確に言うと染色体自体が倍化して、通常2回行われる減数分裂が1回だけしか行われます。

 ✖️ 2 = 6 ➗ 2 = 3

染色体の数が通常のものよりも多いので、オスの精子との染色体の数が合わないので、
染色体数の合わない精子と卵子とでは合体できないというわけですね。

3倍体が受精する可能性

稀ではありますが、3倍体の卵子がオスの精子を受け付ける事もあります。

通常のオス(2n)の精子(1n)と3倍体のメス(3n)の卵子(3n)が合体して
1n + 3n = 4n

2倍体と4倍体は偶数3倍体は奇数になります。

偶数は精子と卵子が結合する両性生殖ができることになっている。

4倍体同士での交配は精子2n+卵子2n=4nと4倍体の子供が生まれることになります。

2倍体と4倍体の交配ではたとえば2倍体のオスと4倍体のメスでは

通常の魚の精子(1n)+卵子(2n)=となり、
1n + 2n = 3n

それによって3倍体が生まれるということになります。

偶然3倍体のメスが4倍体のオスの精子を受け付けたら4倍体になり、

通常の魚の精子(2n)と3倍体メスの卵子(3n)で、
2n + 3n = 5n

5倍体のフナが生まれることもありえるかもしれませんね。

まとめ

と言うことで、今回はギンブナの性比と単為生殖のメカニズムを紹介していきました。

ギンブナはメスしかいませんが、3倍体という特殊な染色体数によって他の魚の精子の刺激を受けて繁殖ができるようになっているんですね。

コメント