【フナのいる水族館】葛西臨海水族館

水族館

淡水生物館

今回は東京都の江戸区にある葛西臨海水族館について解説していきます。

ここの水族館は王道を行く展示がすごいとか、巨大マグロが回遊していくとかという記事が多いですが、そんなことは全く書いていきません。

私は私で好きなフナのいる淡水館について解説していきます。

この水族館はメインの水族館の外側に淡水生物館があります。

海水魚がメインの水族館なので、見逃しがちですが、ここにフナが展示されています。
ここの水槽は水中部分だけでなく、陸地部分も見えております。

草木が生えておりビオトープのような雰囲気を感じます。

水中部分は流木だけという非常にシンプルなレイアウトに加えて、底は砂ではなく泥本格的なビオトープだということが感じとられます。
それでも泥の濁りは全くなく水が澄んでいて、日光も差し込んでおり、室内になんとも落ち着いた空間を醸し出してくれていますね。

展示しているフナ

私が来館した時のフナはどれも小型で、多分今年生まれたばかりの当歳魚が群れを成して泳いでおりました。

ここに展示しているフナは2種類おり、キンブナとギンブナがいます。
展示個体がどちらも小型なので一般の方からしたら見分けるのが困難かもしれません。

混泳魚としては、オイカワ、タナゴ、ハゼ、ナマズ、そして陸上部分にカメが見られました。
ナマズがいるということで捕食のリスクも少なからずあるとは思います。

ここでのフナの存在は小柄なフナの群れがナマズの存在を引き立たせているように感じます。
しかし、どちらの個体も小さすぎてあまり目立たない印象を受けます。

確かに大きすぎたらビオトープとしての水槽管理が大変になりそうなので、仕方がないかと思いますので、仕方がないのでしょう。

展示個体:キンブナ、ギンブナ

混泳個体:オイカワ、タナゴ、ハゼ、ナマズ、カメ

総評

ここの水族館は海水魚展示がメインの水族館として有名であり、今回紹介したフナの展示している淡水館は本館から離れた別館に存在しています。

そのためか、本館を訪れたら淡水館を見ずに帰ってしまう方が非常に多く、淡水館の存在さえ知らない方も少なくないですね。

水族館側の対策なのかは分かりませんが、館内のスタンプラリーを企画していました。
ラリーのルートとしてこの淡水館を入れて能動的に淡水館に入れようとしてもらうようにしていたようにも感じました。

それでも足を運ぶ客が少ないのが現状・・・実際に海水館はものすごく混んでいましたがここはすごく空いています。
淡水魚館も見る価値が高いだけあって非常に残念ですね。

今後とも淡水館への関心を高めていくことが課題となっている水族館ですね。

水族館情報

TEL:03-3869-5152
住所:東京都江戸川区臨海町6-2-3
URL:http://tokyo-zoo.net/zoo/kasai/
休館日:水曜日(祝日、都民の日は翌日)、12/29〜1/1
入館料:大人700円、中学生250円、65歳以上350円、小学生以下よ都内在住・在学の中学生は無料
年パス:大人2800円、65歳以上1400円
交通、JR葛西臨海公園駅下車(または地下鉄線東西線葛西駅、西葛西駅から葛西臨海公園いきバス約15分終点下車)、徒歩約5分。車の場合は首都高湾岸線葛西出口から約5分
駐車場:あり(葛西臨海公園の駐車場をご利用ください)

展示しているフナ:キンブナ、ギンブナ

コメント