【フナ飼育】飼育に必要な器具まとめ

飼育室
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水槽関連

今回は飼育に必要な器具を紹介していきます。

最低限用意した方が良いものになりますので、ぜひ参考していきましょう。
少しずつ買い足していくのも構いません。魚のためにも快適な環境を作ってあげましょう。

水槽

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは水槽です。魚の生活空間になりますのでこれがなければ始まりませんね。

素材はガラスやアクリル、プラスティックなどがあります。
サイズは色々存在しており、小さいほど扱いは楽ですが、飼える数も限定され水質も不安定になりがちです。

初めての方におすすめは45〜60cmの水槽でこのサイズなら水量も多く魚の好む環境を維持しやすくなります

フィルター

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フィルターとは飼育水の水質を管理するために必要な装置です。
手軽に使用できる外掛け式や投げ込み式、管理がしやすいもの上部式、景観を損ないにくい外部式など
様々な種類が存在します。

フィルターに使用する濾過材はゴミを濾しとるだけでなく有害物質を無害化するためのバクテリアの住処にもなります。

使用する水槽の大きさ、飼育スタイルに合わせて選んでいきましょう。

水槽台

水槽に水を張ると想像以上に重くなりますし、

60cmの水槽の場合は水槽自体の重さが11kg、水を入れると71kgもの重さになります。
大きな水槽なら台が必要であり、安全性を考えて専用のものを使うことをお勧めします。

その為、何かしら台に乗せた方が見た目も良いです。  
安定した置き場所がない場合は、各メーカーが販売している専用の台を使用することをオススメしますね。

水槽蓋

水の蒸発や魚の飛び出しを防ぐためにあったほうがいいですね。
だいたいの規定のサイズなら普通に入手できます。
大きいサイズの場合は取り扱いがなく、メーカー等にオーダーメイドでサイズの合った物を作ってもらうことも可能ですね

大きめの魚の飛び出しを防ぐ際は、ただガラス蓋を置いただけだとぶち破り飛び出してしまうこともこともあるため、
その上に照明や水の入ったペットボトルなどの重石を載せておくのもポイントです。

¥2,184 (2023/03/30 08:57時点 | Amazon調べ)

エアーポンプ

続いて紹介するのはエアーポンプです。
水槽内の酸素補給に欠かせなく、40cm以下の水槽で複数匹の魚を高密度に飼育している場合だと酸欠状態になりやすいです。
エアーレーションを行うことにより、pH・NH3の低下を抑止できたり、伝導率を上昇する等の水質の浄化効果できたりと水質改善方法としてもおすすめです。
また水槽表面の油膜防止にもなりますね。
器具を水槽の水面より下に設置すると水が逆流する恐れがあるので配管には注意が必要ですね。

¥1,545 (2023/03/30 09:01時点 | Amazon調べ)

水質管理

水温計

水温によって魚の活性が異なるため、健康状態を維持するためにも水温計を持っていたほうが良いですね。
水温により魚の活性を把握でき、餌の与える量を求めることができます。
正確に測るならデジタルタイプが一番です。
冬場の使用で水温計を水槽に付かせているキスゴムが固くなることがあるため、水槽の外に貼れるシールタイプの水温計もオススメである

¥448 (2023/03/30 09:04時点 | Amazon調べ)

ヒーターとサーモスタット

最後に紹介するのはヒーターです。
魚は水温が下がることで、活性が下がってしまうので、水温を保ち、元気に餌を食べるために必要な器材になります。

水量によって水温維持に必要なワット数が変わるため、水槽によって適応するヒーターを選択する必要があります。
ヒーターとサーモスタットが一体化したものもあるが、電源を切らずに水から取り出すと空焚きを防止するためにヒーター自体の機能をなくす構造をしています。
空焚きや飼育している魚のやけどを起こす恐れがあるため、ヒーターにケースを付けることを推奨しますね。

まとめ

ということで、今回は飼育に必要な器材の紹介をしていきました。
長期間飼育を行うにおいて非常に大事なものになりますので、少しずつでも集めていきましょう。

コメント