【基本編】フナ飼育における水槽台の選び方

飼育室
先生
先生

今回は水槽台について解説していきます。
現在使用していない方も、これを水槽台を検討してみてはいかがでしょうか

水槽台の必要性

男の子
男の子

水槽台を使う必要ってあるんですか?

先生
先生

やっぱり安全性ですね。

水槽は水が入るとかなりの重さになります。

水量が20L以下の小型水槽でしたら一般家具を水槽台として使うのもいいです。

一般的な60cmのレギュラー水槽(60x30x36)の場合は水の重さだけでも50kgを超えてしまいます。

より大きな水槽でしたら頑丈な台が必要であり、安全性を考えると専用の水槽台を使うことをお勧めします。

また、水槽という重量物を置くことを想定してものになりますので、耐荷重性が高いです。
そして設置した時の重さで撓みにくい構造になっていますし、扉が開かないということもありません。

フナ飼育の場合

フナの大きさにおける水槽の目やす

5〜10cmの場合
30〜40cmの水槽(水量20L前後)

10cm〜15cmの場合
45cm〜60cmの水槽(50L前後)

15cm〜20cmの場合
90cm水槽(150L)

フナを飼育する場合ですが、5〜10cm程度の飼育だと40cm未満の小型水槽を使われることが多いと思います。

私も最初は小型水槽メインでしたので、その時は基本的に水槽台は使用せずにカラーボックスなどの家具の上に置いて使用していました。

しかし、ある程度成長すると60cm以上の水槽を使用することになりますので、可能ならば水槽台を導入しましょう。

しかし、60cmレギュラー水槽、90cmスリム水槽、90cmレギュラー水槽と大きい水槽を導入するときには見栄えや地震のリスクを考慮して水槽台の導入を検討しました。

水槽台のメリット

見栄えが良い

まず一番に思いつく理由としては見栄えがいいということでしょうか、
水槽を専用の台を置くことでインテリアとして昇華させることができます。

また、上の写真のように上下で水槽を置くことも可能ですね。

振動を抑えることができる

つぎのメリットは振動を抑えることができるということです。

地面に直置きした場合と比べると当然水槽台があった方が振動が少なくなります。

魚を見るために水槽へ向かうたびにストレスを与えてしまえば、魚の健康状態に影響が出てきます。
水槽台を設置することで魚にかかるストレスを軽減することができますね。

外部式フィルターを使用できる

また、水槽台は大半が外部フィルターを使用できるように台の後にホースを通す用の穴が空いています。
これにより外部フィルターを水槽台に設置をして使用できる上、フィルターも隠すことができ、水槽全体の見栄えが良くなります。

水槽台の選び方

水槽台には鉄や木材などの色々な素材が使用されています。
自分の部屋のレイアウトに馴染む家具調のものもありますので、好みや予算に応じて選んでいきましょう。

メタルラックをお勧めしない理由

女の子
女の子

せんせー、水槽台はメタルラックで代用できないんですか?

先生
先生

耐久性が低いので注意が必要ですね。

水槽台の代わりとしてメタルラックを使用される方がいます。
かくいう私も使用していましたが、正直おすすめできません。

理由は耐荷重性が低いことが原因です。
確かにメタルラックは棚の高さを自由に設定できて便利ではありますが、柱あたりの耐荷重が低いので、下手すると棚が外れてしまい、事故へつながる恐れがあります。

また、通常の水槽台と比較して棚と柱の固定方法がプラスティックの棚受けを挟み込むだけと貧弱なので、地震などの大きな揺れで歪んでしまったり、水槽の水が出てしまったりします恐れがあります。

私が場合は、棚は最上段にした上で棚の柱を全体をカバーできる木材を上から乗せて荷重に耐えられるようにするなどの工夫が必要になります。

また、柱の底の部品はなるべく車輪ではなく、表面積が大きいアジャスターパーツを使用することで揺れに対する耐性をつけることができます。

また、揺れ対策として、近くの家具と連結して固定することで揺れに対して強くなります。
私はベッドに固定して使用していました。

何度か震度5程度の地震に遭っても崩壊することなく使用することができました。

カラーボックスをお勧めできない理由

男の子
男の子

せんせー、

ボクはカラーボックスを水槽台に使ってますがダメですか?

先生
先生

大きい水槽だとお勧めしませんね。

もう一つやりがちなこととしてカラーボックスを水槽台代わりに使用することもお勧めできません。
理由は、素材が水を含んで脆くなりやすいことと、天板の耐久性が低いことが挙げられます。

確かにカラーボックスは他の水槽台に比べて安価です。
寸法として、水槽のサイズに合いやすいので、使用してしまう方も多いかと思います。

カラーボックスの素材は木屑を集めた集成材の表面にシートを張ったものであり、水を含むとすぐにふふやけてしまい耐久性が悪化します

一応、表面にシートが貼ってありますが、防水性は低いのですぐに湿ってしまいます。

また、カラーボックスは構造上、縦の長い板に横向きの設置するので耐荷重があまり高くありません。
万が一

長期間使用するには非常に危険ですね。

対策としては縦向きではなく横向きで使用すると天板の耐久性はある程度強化されます。

私が使用していた水槽台

90cmレギュラー水槽

それなりの大きさになるので、安定した台が必要となりこちらを購入しました。
水槽の縁が黒だったのでこちらを導入。台の下には外部フィルターや掃除道具を置けるので、スマートな見た目になります。

60レギュラー水槽

60cm水槽は2台を使用していたので、こちらのキャビネットを使用していました。

上下に水槽が置けるので見栄えが良いです。
下段は必要最低限の高さがあるので、水槽に加えて上部フィルターや照明をおいても上の棚とは干渉しないのはありがたかったですね。

まとめ

ということで、今回は水槽台について解説してきました。

先生
先生

フナは大きく成長しますので、60cm以上の水槽を導入する人も少なくないでしょう。
可能な限りは水槽台を検討して安定した飼育を行なっていきましょう。

コメント