【専門編】ギンブナの飼育の仕方

飼育室

今回はギンブナの飼育について解説していきます。

通常の飼育方法はフナ飼育で多く語っていますので、ギンブナ生態や形態を踏まえながら最適な飼育を行うにはどのようにすればいいのか模索してきましょう。

ギンブナの特徴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

体長は最大で30cmまでになりますが、水槽での飼育では20cm程度で止まります。
成長速度は他のフナと比較するとやや早い傾向があります。

日本全国に生息している

フナの仲間の中で唯一日本全土に生息している種類であり、
河川や湖沼でサンプリングして捕獲できる個体はギンブナであることが多いです。

その為、水系ごとに採集を行い飼育するということも面白いですね。

ギンブナとオオキンブナは一般人からすると非常に見分けが難しいので、西日本では混同している水槽をよく見かけます。

ギンブナについて詳しい情報はこちら→【魚類解説】ギンブナ

ギンブナ飼育方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ギンブナの飼育ステータス

群れの作りやすさ:◎
食事のとりやすさ:△
環境の慣れやすさ:△
最大体長    :◯
成長のしやすさ :◯

エサは慣れてしまえばなんでも食べるが、その慣れるまでが難しい。
慣れない場合はアカムシなどの生きエサを使用すると高確率で食べてくれる。

コスパを度外視するなら水槽内にマツモやセキショウモなどの水草を多めに植えておけば空腹時に勝手に食べてくれる。

繁殖を行うなら、なるべく大きな水槽や池に水草を入れて飼育する。
ギンブナはメスしかいないので、他のフナやコイ科魚類のオスと混泳してあげる必要がある。

ギンブナ飼育における注意点

慣れにくい

ある程度成長した個体は人に慣れづらいという感覚があります。

対策としては単独飼育ではなく複数匹飼育することがコツですね。
そのためも水量を確保する必要があり、大きな水槽が飼育には必須になります。。

また、明るすぎる環境には慣れにくい傾向があります。

慣れさせるための対策

砂は明るい色を避ける

水草を多めに植える

正面以外にバックスクリーンを貼っておく

逆に一度慣れてしまうと飼育の難易度がかなり優しくなりますね。

水質に関する変化に耐性が優れており、水温や酸欠状態には強いので、通常の川魚では死んでしまう水質でも問題なく生存している。

逆にそれにかまけて放置してしまうと水質が悪化しすぎて、水換え時に水質の差が大きすぎてショックが発生してしまう事もあるので定期的なメンテナンスは行いましょう。

ギンブナと相性の良い混泳魚

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

基本的にはコイ科魚類ならどの個体とも相性が良い。

と言うのも基本的にはギンブナはコイ科魚類ならばどの魚でも産卵の対象になるからである。

混泳魚はあなたの好みの魚で構わないです。

ギンブナを主役として飼育を行うのであればフナよりも体の小さい個体を選ぶと良いでしょう。

河川や湖沼で採集した場合なら同じ生態系に生息している魚を選んであげるのが無難です。

個人的にはドジョウやウグイ、ワタカとの混泳が多いですね。

展示水槽のレイアウト

見出し

適正水槽 
 60cm レギュラー水槽

底砂     
 大磯砂 田砂 

濾過方式 
 上部濾過 投げ込み式濾過

混泳魚    
 ドジョウ ワタカ

装飾品  
 流木 水草(アナカリス)

水槽のレイアウトは小さい頃は隠れ家を置いてあげるのが良いですね。

水草、岩、流木などを水槽の奥に配置しておくとギンブナが落ち着きやすいし、慣れやすい傾向になります。

個人的にはアナカリスと相性が良いので、アナカリスを大量に入れた水槽での飼育を行うことが多いですね。

ある程度成長した場合は水草は掘り起こされてしまうことが増えるので、流木や岩に活着したもの以外は使用しない方が良いです。

突発的な突進を行うことも少なくないので、流木や岩は角ばっているものは避けた無難ですね。

まとめ

ということで、今回はギンブナ飼育について解説していきました。

飼育のコツとして慣れさせることが非常に大事ですね。
環境に適応させて楽しく飼育しましょう。

コメント