ゲンゴロウブナ(ヘラブナ)の飼育方法|専門飼育

飼育室

今回はゲンゴロウブナもといヘラブナの飼育方法や水槽のレイアウトについて解説していきます。

先生
先生

基本的にはどちらも同じですが、入手手段としてはゲンゴロウブナは難易度が高いですからね。
ヘラブナ飼育になることが多いと思います。

ゲンゴロウブナはどんな魚?

ゲンゴロウブナはニゴロブナと同じく琵琶湖及び淀川水系の固有種になります。

ただ、この種は釣りのターゲットとして「ヘラブナ」という名前で流通しています。

そのため、全国の湖沼に放流、繁殖している魚ですね。

原種であるゲンゴロウブナは生息地の琵琶湖では規制がかかっており、基本採集ができないので、
改良品種であるヘラブナの幼魚個体を入手することが多いでしょう。

ゲンゴロウブナについて詳しい情報はこちらで解説しています→【魚類解説】ゲンゴロウブナ

生態からよみとくエサのやりかた

ゲンゴロウブナは他のフナとは生態が異なっていることが多いです。

ます泳層ですが、基本的に他のフナは水底に生息しているのに対して、

ゲンゴロウブナは湖の表層〜中層を泳いでいることが多いですね。

食性としてはゲンゴロウブナの生態は植物プランクトンをメインで捕食しており、

鰓耙数が多くて細かい点や腸の長さが他のフナと比べて長い点がその生態を物語っていますね。

ゲンゴロウブナの飼育方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


純粋な飼育をするならば大きな池にアオコを発生させて緑一色にしら環境で飼育するのがフナによっては理想にはなります。

しかし、そんな濁った水槽では肝心のフナが観察できませんし、現実的ではありません。

そのため、今回は通常の給餌を踏まえた飼育方法を考案していきます。

水槽は通常のフナよりも大きい60〜90cmのものを用意し、なるべく遊泳スペースを確保するといいでしょう。

ゲンゴロウブナの飼育ステータス

群れの作りやすさ:◎
食事のとりやすさ:△
環境の慣れやすさ:○
最大体長    :◎
成長のしやすさ :○

ゲンゴロウブナ飼育における注意点

プランクトンフィーダーと言われてはいますが、比較的なんでも食べることができます。

しかし、大型の個体の場合は人工飼料に合わせていくのが難しいパターンが多いので、

大型個体を飼育するとエサを食べてくれずに日に日に痩せていく傾向があります。

そのため、ヘラブナを飼育する際は最大でも10〜15cm程度からの飼育を始めていくことが理想ですね。

極力、人工飼料でを慣らすことができれば、ある程度大きくなったときのエサ管理が楽になること間違い無いでしょう。

おすすめの混泳魚

混泳魚としては同じ琵琶湖に生息しているワタカが候補になりますね。

また、泳ぐ場所が異なっているということもあり、ギンブナなどの他のフナとの混泳も相性は悪くないでしょう。

また、プランクトン食と食性が近いハクレン、コクレンとの混泳も相性がいいですね。

プランクトンの食性の魚は外見に個性があるものも多いですので面白いと思いますよ。

ゲンゴロウブナ同様にエサの慣れるのが難しいですので、幼魚の頃から同じ水槽で飼育して配合飼料に慣らしておきましょうね。

展示水槽のレイアウト

ゲンゴロウブナの飼育例

適正水槽 
  90cm水槽

底砂     
  大磯砂 

濾過方式 
  上部式フィルター または 外部式フィルター

混泳魚    
  ワタカ、コクレン

水草     
  使用しない。

基本的に表層を遊泳する個体であるため、水槽には基本的には何も入れなくても問題ないですね。

むしろ、石や流木があると突拍子なく泳いだ際に体を傷つけてしまう原因にもなりかねるため、おすすめしません。

もし殺風景になるのがいやな場合はなるべく尖っていない岩壁面に入れましょう。

まとめ

と言うことで、今回はゲンゴロウブナの飼育方法について解説してきました。

これで一通りのフナの飼育方法について解説できたかと思います。

フナの生態や個性を活かした飼育を行い、フナの良さを引き出していきましょう。

コメント