【分類学】オオキンブナがギンブナと混同される理由

生物学
先生
先生

今回はフナの分類学としてオオキンブナがギンブナと混同される話について

原因とそれぞれのフナの分類点について解説していきます。

フナの見分け方として特に難しいので、見間違えないように気をつけていきましょう。

実例

特に見間違えられるのは西日本になります。これはオオキンブナの生息地が西日本が主になるからですね。

見間違えている事例

・ギンブナにオス個体がいると思ったらオオキンブナだった。
・水族館でギンブナを展示していると思ったらオオキンブナだった。

先生
先生

それでは2つの事象について詳しく見ていきましょう。

ギンブナのオス個体として勘違いされる。

これは、ギンブナの性比が偏っているという話ですが、
一部の文献では西日本では性比がおちついているとか、岡山県の水域では性比が1:1となるという記述があります。

生態において性比が変わるという事例自体が少ないので、
ギンブナではなくオオキンブナのオス個体との混同されているのではないかと考えられますね。

ギンブナ展示かと思ったらオオキンブナだった話

西日本の水族館を見ていると、稀にオオキンブナの飼育している水槽でギンブナと誤表記されている展示が見られることがあります。

これ自体は、一般人からしてみていると違いがわからないので、非常に難しいですね。

間違えてしまう原因

これはギンブナ?それともオオキンブナ?

それではなぜ、間違えてしまうのでしょうか、原因はいくつかあります。

原因

・オオキンブナの知名度の低さ

・ギンブナとオオキンブナの見分けにくい

それぞれ解説していきましょう。

オオキンブナの知名度が低い

先生
先生

まず考えられる原因としてはオオキンブナの知名度が低いと言うことです。
これはシンプルにオオキンブナの記載をした文献があまり多くないと言うことです。

私もよく文献を目にしますが、魚類図鑑によって記載のないものもございます。
学芸員がオオキンブナの存在を知らないとは考えにくいですが、知名度が低いので一概には言えませんね。

もしかしたら日本全土に生息しているギンブナとして扱ってしまうのが一番楽ですからね。

オオキンブナとの見分け方が難しい

次に考えられるのはオオキンブナとギンブナの見分け方が難しい点ですね。
これは特にオオキンブナとの見分ける点がないですから、一般の人からしたらわからないと思います。

そのため、無理に展示解説にオオキンブナと記載するよりもギンブナとしてしまった方がいいのかもしれませんね。

分類点

正直なところ、学問的な分類点である体高比や背鰭の鰭条数ではギンブナとオオキンブナの違いを明確に判断できないところがあります。

唯一差が出る箇所といえば鰓耙数でしょうか。

鰓耙数

オオキンブナの場合は34ー56本
ギンブナの場合は51ー73本

このようになっており、混同している51ー56本以外を除けば鰓耙数が51本未満ならばオオキンブナ、56本以上ならばギンブナと判断することができます。

しかし、鰓耙数を正確に確認するためには解剖して鰓蓋を解剖して鰓耙を摘出することが条件になります。

生体に行うことができませんし、水族館の展示個体では確認できないのが非常に残念です。

展示個体で見分ける方法

男の子
男の子

じゃあ、生きているフナの見分け方ってあるんですか

では、実際に展示個体で見分けるにはどうしたらいいのかということですが、

私の経験から大体の見分けられる点がいくつかあるので、そちらを紹介していきます。

これも、環境や個体によって差がありますので、一概にはいえませんので注意が必要です

オオキンブナとギンブナの見分け方

臀鰭より後部分の体高が窄まっているか

体が黄色がかっているか、目の部分にも黄色が入っているか

顎が出ているか(痩せた個体に限る)

臀鰭よりも後の部分の体高が窄まる

ギンブナ

まず確認する部分は「臀鰭よりも後の部分の体高が窄まっているかの確認」です。

これは、ギンブナの見分けやすい特徴ともいえます。
ギンブナは体高が比較的高い魚ですが、臀鰭から尾鰭に向かってかなり体高が低くなります。

ここの部分を着目するのがシンプルにわかりやすいかなと思います。

体が黄色がかっている

これはオオキンブナの特徴です。キンブナににて黄色素胞が多い傾向があります。

特にオオキンブナの場合は目の部分にも黄色素胞が回っていることが多いですので、
展示個体を確認する時には目を見てみましょう。

顎が張っている

これは魚の栄養状態による見分け方ですが、痩せているオオキンブナは顎が出っ張ることが多いです。
これは口の向きなどが由来していますね。

あくまで栄養状態の良い個体では判別できない方法なので、ご参考程度に見ておくといいでしょう。

まとめ

ということで、今回はオオキンブナの見分け方について解説してきました。

先生
先生

オオキンブナはまだまだ知名度の低い魚です。
それでも、ギンブナとの違いを少しでも理解していただけたら幸いです。

ぜひ、西日本でフナを見かけたらオオキンブナかギンブナかを確かめてみましょう。

コメント