魚のヒレの名前と特徴【美しい鰭】

生物学

今回は魚の鰭(ヒレ)の形状と働きについて、機能や進化について解説していきます。

近年流行っている歌にも「鰭」という名前が使われており、この漢字何?と思った方も多いのではないでしょうか。

水中で生活しているフナは陸上の生き物にはない「鰭」によって水中での推進力を生み出し、泳いでいます。

先生
先生

魚の鰭にはどんな種類があり、それぞれどんな形をし、何の機能があるのでしょうか。
一緒に見ていきましょう。

水中でに活動に適した魚のヒレ

鰭とはフナをはじめとする魚類や水中で生活する生物が水をかいて推進力を得たり、
体の姿勢をコントロールするために持っている体の器官になります。

鰭の多くは体から膜条に伸びていて、骨や軟骨によって支えられており、
さらにその根元にある筋肉によって動かされています。

水中では浮力が働くため、我々でいう「無重力状態」に近く、
重力に逆らって運動する必要がありません。

その反面、水は空気よりも密度や粘性が高いです。

そんな水中で最小限のエネルギーで効率よく移動するために
水の抵抗を減らす流線型の体と筋肉の動きに負わせて柔軟な動きができる薄い膜条の鰭が装備しているんですね。

先生
先生

ダイビングをしている人ならフィンを使って推進力を出すイメージですね。

魚のヒレを構成する棘条と軟条

ヒレを見てみると何本もの筋が見えると思います。
それは鰭を構成する筋のうち、硬い棘条のものが棘条、柔らかい筋を軟条と言います。

棘は軟条が硬質化したもので、節がなく、柔軟性がありません。
一方、軟条には分節を持ち、柔軟な動きに対応できます。

硬骨魚類の背鰭にはイワシのような軟条ばかりのものとサバのような棘条と軟条が組み合わさったものがあります。

棘条軟条

ちなみにフナの背鰭や胸鰭の場合、棘のような部分がありますが、
これは棘ではなく軟条が癒着して棘のようになっているものであり、「棘条軟条」と呼ばれています。

この軟条の数によって魚の種類は概ね決まるので、魚の種類を特定する際のキーポイントとしても用いられています。

先生
先生

フナも背鰭の軟条数が分類点とはなりますが、
確実ではないので、それだけで判断するのが難しいですね。

詳しくは分類学で解説していきます。

ヒレの種類と役割

魚のヒレには左右対称に2枚あるものと、対ならないものがあります。
対になっているものを「対鰭」、ついになっていないものを「不対鰭」と言います。

胸鰭と腹鰭は対鰭、背鰭と臀鰭、尾鰭が不対鰭になります。

先生
先生

それ以外にも脂鰭や小離鰭など特殊な鰭も存在しています。

胸鰭(むなびれ、きょうき)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

胸鰭は、陸上の生物でいうならば前足、我々でいう腕に相当し、左右の鰓の後ろにあります。

主なの機能

胸鰭は体の水平を保ったり、方向転換の役にたつほか、
マグロやサメのような浮袋を持たない魚の場合は飛行機の羽のようによく力を発生させるために使われています。

フナをはじめとするコイ科やニシン科の魚は体の腹側に位置しています。

女の子
女の子

人間の手のように泳ぐ時には使わないんですね

先生
先生

フナや多くの魚類は胸鰭を遊泳のためには使用しませんが、
ベラは遊泳のために左右の鰭を用いたりすることがあるようですね。

腹鰭(はらびれ、ふっき)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に紹介する鰭は腹鰭です。これは陸上の生物における後ろ脚、我々にあたる足に相当する部位になります。

主に体のバランスと保つ役割があり、イワシ類は腹部、スズキ目は胸部にあります。
一般的には進化の度合いが高い魚の方が体の前側に位置していると言われています。

これは腹部が前にあるほどに胸鰭と連動して効率よく方向転換を行われるからだと言われています。

フナの腹鰭はイワシ類ほどではないのですが、比較的原始的な形態を持っており、胸鰭よりもやや後方に位置しているのがわかりますね。

ちょうど体の真ん中に位置しており、水底に着地した際の足として使用されています。

先生
先生

また、泳ぎ出す際に腹鰭を上げることにより浮力を生じることもできますので、
フナの生態としては理にかなっていると言えますね。

背鰭(せびれ、はいき)

続いて紹介するのは、背鰭です。

主な機能

背鰭は主に遊泳中の姿勢を保ったり、方向転換の際の舵という役割を持っています。
中にはカワハギやタチウオのように遊泳に使う種類もいます。

構造としてはコイやニシンのように1基だけ持つものと、スズキ目のように第一背鰭、第二背鰭の2基を持つものやタラのように3基もつ個体もあり、より進化した魚の方が背鰭を複数持っている傾向があります。

フナは比較的原始的な形態を持つ魚であり、背鰭は軟条のみで構成される背鰭を1基もっています。
また、頭に近い軟条は「棘状軟条」で硬くなっているのが特徴ですね。

尻鰭・臀鰭(しりびれ・でんき)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いては尻鰭です。臀鰭とも書きます。一部の例外を除いてほとんどの魚類には一基存在しています。

主な機能

一部の例外を除いてほとんどの魚類には一基存在しており、
機能としては姿勢の維持や方向転換の機能があります。

カワハギやナマズのように一部の魚では遊泳の際に使う種類もいますね。

尾鰭(おびれ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に紹介するのは尾鰭です。

主な機能

魚の体の一番後ろに位置しており、
多くの魚においては推進力を得るための重要な遊泳器官になります。

形状は魚の種類によって変化を富んでおり、
生息する環境や泳ぎ方に合わせて進化しています。

魚の泳ぎ方については別の章で紹介していますね。

尾鰭の形状と遊泳能力

尾鰭の形状は魚の種類によって変異に富んでおり、サメのような上下の鰭が不対称な鰭を「異尾」
一般的な硬骨魚類のように上下が対象になっているのを「正尾」と言います。

正尾はさらに円形、二又型、などその形状によって幾つかに分類されています。
先生
先生

ちなみにフナは正尾の中の二又型に分類されます。

一般的に高速で泳ぐ魚ほど上下に伸びた三日月型の尾鰭を持っており、
反対に底棲魚は幅の広い尾鰭を持つことが多いです。

飛行機の翼の効率を計算する際に用いられるアスペクト比(翼の幅の2乗÷翼の面積)というのがあるのですが、これを魚の尾鰭についてまとめると

魚の尾鰭によるアスペクト比

カツオ、クロマグロ=5.5 サケ、マダイ=2〜3 フナ1.5〜2

となっています。円形や菱形の鰭をもつ魚はさらに小さくなりますね。

また、この数値は成長とともに増大することが知られており、稚魚や幼魚期から成長するにしたがってより効率よく泳ぐことができるようになります。

先生
先生

フナのような二又型だと三日月型よりも小さく、効率があまりよくないことがわかますね。
そもそもそこまで泳ぎ回らない魚のでこのくらいの数値が適正なのでしょう。

まとめ

ということで、今回は魚のヒレについて解説してきました。
魚のヒレについての知識を持つことで魚の泳ぎ方や定位する姿勢などを想像することができますね。

楽天ブックス
¥1,481 (2024/01/23 10:20時点 | 楽天市場調べ)

コメント