【飼育日記】小型水槽でも外部フィルターを使いたい

飼育日記

ども、あおいふなです。

久しぶりの飼育日記ですね。こういう時は生存報告?とかするんですかね。

とりあえず、フナちゃんは現在も元気です。
最近はわざわざエビだけでなく冷凍アカムシも喜んで食べに来るようになりました。

まだ解凍されてない固形状態のアカムシにも積極的に突っ込んできます。めっちゃ可愛い。

そんなうちのフナ水槽の現在の問題が一つ。

濾過性能の性能が気になる。

現在は底面式濾過装置を使用しています。
これは砂の下にフィルターを設置して 底砂全体をフィルターにするというものです。
まぁ、元々はメダカだけの飼育でしたしそこまで気にしていなかったのですが、

フナを飼育するとなると話は別。
最近はたくさんご飯を食べてくれるようになったので、その分たくさん糞が出てきます。

本来はそういう糞の掃除役としてエビちゃんやタニシを入れていたのですが、
残念ながら効果が発揮できていない状態です。

フナ
フナ

全く仕事しないな〜

私

いや、お前が食べてるからだろ

長い目で見れば水質の変化自体は鈍化ですし、フナやメダカは水質悪化に強いので、気にならないのですが、

私

・・・やっぱり安定した水質管理はしたい

ということで、今回はフィルターを追加することにしました

候補はいくつかあり上部フィルター、外部式フィルター、外掛け式フィルター、投げ込み式フィルターでしょうか。

それぞれのフィルターの問題点

上部フィルター
 小型水槽用のものが少ない。モーター音や匂いが気になる.

外掛け式フィルター
 安価で扱いやすいが水の落下音が気になる、水槽の蓋が使えなくなるので、飛び出しのリスクが増える。

投げ込み式フィルター
 安価。すでに持っているが景観的によろしくない.

外部式フィルター
 やや高価。音や匂いは気にならない。呼水などの動作が難あり

という様々な利点と難点があります。

外部式フィルターを選んだ理由

ということで、今回私が選んだのはテトラさんの「外部式フィルター」です。

メリット

・底面式濾過との連結ができること

・小型用の取り扱いもあったこと(割と安価なものもあった)

・水中にモーターを入れて稼働させることで、呼水が不要なものもあったこと

なんといっても最大のメリットは底面フィルターと連結できる点ですね。
これにより底面濾過の水をさらにフィルターの通すことができて濾過性能が格段にアップしました。

また、今は水槽の横に設置できるものもあるので、呼水が不要で浸水のリスクもないのは嬉しいですね。

取り付け開始

ということで、開封して準備していきましょう。

内容物はこんな感じです。

内容物がいっぱいあり、初めての方は混乱するかもしれませんが、
中身と構造は一般的なフィルターと変わりませんね。

濾過材、本体、ホースやモーターという三種類に分けられています。

濾過材はこの四種類、まずはこれを軽く洗っておきます。

生産されてから販売されるまで時間がかかっていたものだったら埃が溜まっているものもありますし、
濾過材は稀に灰汁が残っているものもありますからね。

シャワーで汚れを落として、米を研ぐように丁寧に洗っていきます。

初めての稼働できる時は中にバクテリアがいないので、

洗う時には別に水道水を用いても問題ありません。

洗い終わったら濾過材をセットしていきます。

水が流れる順番は
ウールマット→スポンジフィルター→活性炭→濾過材ですので、

この場合はこの順番で下に敷いていきます。

全てをセットした後に、蓋をして完成です。

あとは水槽の近くにセットしていき、配管を繋いでいきましょう。

濾過装置は水槽の端っこに置いておきます。

横に置くだけで使えるのは省スペースでありがたいですね。

配管はこのように底面濾過の配管にそのままセットしておき、排水は水槽の壁面に設置しておきます。

管の長さは本来なら適当な長さにカットするのが一般的でしょうが、
今後も変更や修正があるのを考慮して特にセットせず、このままにしておきます。

フナ
フナ

これぞO型クオリティ。

いよいよ稼働・・・

そして、いよいよ電源を入れる時が来ました。
無事に動いてくれるのか、そして水漏れは防げるのか・・・

・・・スイッチオン。

少しの稼働音と共に水を吸い上げていき・・・排水口からシャワーのように水を噴出。

大成功です!やりました!!

あとは水草を水槽に戻して工事完了です。

以前と比べて水の透明度が増した気がしますね。

配管自体は底面フィルターに連結して砂から吸い上げていますので、
メダカや水草が吸い込まれてしまうリスクもありません。

気になる水槽内の配管ですが、水草を戻してみたら意外と違和感なく感じますね。
今回のサブフィルター追加は大成功ですね。

今後は・・・背面の配線を隠すためにバックスクリーンを設置しましょうね。

では。

今回使用したフィルターはこちらでも購入できます。

コメント