【フナの分布】淡水魚とその分布様式

生物学

今回は淡水魚の分布様式をフナ中心の視点からみていきます。

フナをはじめとする淡水魚はその名の通り淡水域に生息しています。

しかし、淡水域といっても、河川のような流水域と、湖沼のような静水域とでは水流の条件が異なります。

河川

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河川といっても上流、中流、下流、河口と山から海へと流れていきます。その場所によって水深が流れる速さは異なり、生息する魚が異なっていきます。

あるいは瀬と淵では流れの速さや水底の底質にも違いがありますし、
魚の生活に大きな影響を及ぼしていきます。

さらに人々が農業用水として河川から田んぼへと引き込むことでその区間の用水路にも魚の生息する環境ができます。

フナの場合は下流〜河口付近に生息が見られますし、小型の個体は河川から引き込まれた用水路などで確認できることが多いかと思いますね。

池、湖沼

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、平野の湖沼や山上湖、人工でつくられた溜池など種類がさまざまです。

湖沼においても水深が深い湖と浅い沼とでは、
水の循環や栄養塩類の量には違いが出てきます。

それにより、魚の生活条件は大きく異なっていき、
結果的にそれぞれの魚の生息分布の様式にも表れていきます。

フナは特に静水域での生活を好むので、湖沼で見かけることも少なくなりません。

また、ヘラブナ(ゲンゴロウブナ)は釣りの対象魚として全国の湖沼に放流されていますから、
多くの湖沼で生息が確認できる魚類ですね。

淡水魚の分類

淡水に生息する魚類のなかには、フナのように一生淡水域で過ごす種類もいれば、
サケ・マスなどのように一生のうちの一時期だけを淡水で過ごす魚もいます。

そのため、「淡水魚」と一括でくくるのには少々無理があります。

そのため、淡水魚類を分類するときには海水に対する耐性を基準として、分類することが多いです。

分類

純淡水魚(一次的淡水魚)
 淡水域での生活を完結して海へ入らない種類

二次的淡水魚
 主として淡水域に生息するけど海でも短時間なら生存できる種類

周縁性淡水魚
 淡水域に生息するが海水に対する耐性が強く、中には海と川を往復できる種類

淡水魚の分布様式

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フナのような純淡水魚は海を経由して生息の分布域の拡大はできません。
その為、分布様式には地理的な特色がよく反映されている特徴があります。

また、河川や湖沼など、生息場所によって隔離されやすいので、地域によって固有種として種が分化しやすいのも特徴です。

例を挙げるとすれば琵琶湖に生息魚が特徴的ですね。
琵琶湖は特に固有種がおおい水域として有名ですね。
フナでは「ニゴロブナ」や「ゲンゴロウブナ」などの固有種が分化して存在しています。

淡水魚の起源は?

古生代以降にアジア大陸から移動による地形変動の影響も小さくないですね。
純淡水魚の分布の様式が成立する過程には地理的な要因の影響を無視することはできませんね。

そんな中、フナをはじめとしたコイ科魚類の起源はどこなのかという素朴な疑問がありますが、
東洋や南アメリカ、アフリカなどが起源ではないかと現在も議論が重ねられています。

そもそも昔は大陸がゴンドアナという一つの塊となっていたという説もありますので、どれも信ぴょう性は低くありません。
こればかりは現在もはっきりしていない問題ですね。

コメント