フナの寄生虫を探せ!目黒寄生虫館|小さな水族館?

寄生虫学

どうもあおいふなです。

今回は目黒区にある目黒寄生虫館で遊びに行きました。
ここは「寄生虫」を専門に扱う研究博物館で、たくさんの標本が展示されています。規模の割に入館料無料でありがたいですね。

一般の人からは敬遠されがちな寄生虫ですが、フナの研究をしている私からしたら、寄生虫についての知見を持ち、寄生虫に対して正しく怖がろうと言う思いで、 ここに来た次第です。

それでは、1つずつに関する寄生虫を見ていきましょう。

肝吸虫

まず紹介するのは「肝吸虫」 です。
これはフナが第二中間宿主となり、哺乳類が野生のフナやコイを生食をすると肝臓に寄生するとされています。

寄生されると、腹水貯留や横断、貧血などを起こし、肝硬変に至ることもあるそうです。

ただ近年は 第一中間宿主であるマメタニシが激減しており、人に対する寄生の例も減少しているそうです。
そう考えると、フナを生食するリスクと言うのはかなり減っているでしょうね。

ここの寄生虫館では、実際に緩急中と宿主であるマメタニシの標本を見ることができます。

また 肝吸虫を発見した研究者である小林晴治郎や 肝吸虫の写真、 卵の標本や、蝋で作られた模型など、様々な資料がたくさんありますね。

横川吸虫

次に紹介するのは横川吸虫と言う寄生虫で、こちらもフナが寄生する生物になります。

この博物館では、寄生虫の標本展示には唯一「フナ」が使用されています。

フナの体の表面に寄生して周囲にメラニン色素が沈着するため、体に黒い点々ができていきます。

これを「黒点病」と言われており、これに感染した個体は「ゴマフナ」と呼ばれます。まれに地方名として呼ばれるこの名は寄生虫に感染した個体なんですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私も以前魚釣りをしていた時に、代表に黒い点々があるフナを見かけたことがありますので、
これも横川吸虫に寄生されていた個体だったのでしょうね。

イクチオフチリウス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に紹介するのは「 イクチオフチリウス」 と言う寄生虫で、淡水魚はこれによく寄生されて、体に白い点々が見えることがあります。

金魚を飼育しているときによく見かける「 白点病」 はこちらの寄生虫が原因になります。

私も水槽で魚を飼育していると、魚が白点病にかかるしまうことが少なくありません。自分の知っている魚病を見るとどこか親近感を感じますね。

そんななじみの深い(?) 寄生虫の標本を見ることができ、少々嬉しく感じます。

ホフェレルス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて紹介するのはホフレルスになります。こちらは免液タイプの胞子虫類で、感染すると 腎臓が肥大します。

こちらの展示では宿主が金魚であり、少々グロテスクですが、感染している姿を見ることができます。

フタゴムシ

最後に紹介するのは「 フタゴムシ」 になります。こちらはチョウのような羽虫の形をしていますが、2匹の虫が一体となった姿の特殊な寄生虫です。

こちらの寄生虫は、この博物館の創設者がライフワークとして研究していた生き物であり、ロゴマークとしても採用されています。

かなり小さい生物なので、標本では虫眼鏡を介し、かろうじて姿を見ることができます。 小型チョウのような姿をしていて可愛らしいですね。

意外にも感染した宿主はフナだそうですね。

淡水魚の寄生虫標本

淡水魚寄生虫標本もいっぱいありました。見ていると飽きませんね。

いずれもフナが帰省する可能性もなくはないですが、筋肉に寄生しているわけではないので、生食しても寄生するリスクはないですね。

ほかにも

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この他にも鯖に感染するアニサキスや、日本住血吸中、サナダムシ、ハリガネムシなど様々な寄生虫を見ることができます。怖いもの見たさで見に行くのも面白いですね。

ちなみに、私が行った時は平日の朝一で開館してすぐだったはずですが、意外にも 観光客がたくさん訪れており割と賑やかでした。皆さんもの好きですね。

博物館情報

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
開館時間 
 午前10時~午後5時
休館日 
 毎週月曜日・火曜日/年末年始
(月曜日・火曜日が祝日の場合は開館し、直近の平日に休館)

入館料 
 無料(ご寄付にご協力ください)
住所 
 153-0064 東京都目黒区下目黒4‐1‐1
TEL 
 03-3716-1264(音声案内)
FAX 
 03-3716-2322

コメント