【分類学】フナ属の分類事情

生物学
それぞれのフナの種類、みわけられますか ?

どうも、あおいふなです。今回はフナ属魚類の分類事情について説明していこうと思います。
フナは特に魚類の中でも難しいとされている種類の一つです。どんな経緯があるのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

フナ属魚類の概要

フナ属魚類はヨーロッパブナ、ゲンゴロウブナ、東アジアのフナの3種からなる仲間である。東アジアにすむフナ類に分けられる。分布はヨーロッパからロシアにかけて北アジア、中国などの東アジアに広く分布している。

 属より大きい分類としては「科」があり、フナ属はその中でもコイ科に分類される。
コイ科としてはフナ属のほかにコイ属、タナゴ属、ドジョウ属、アブラミス属、バブルス属など合計 属が含まれており、全世界にはおよそ2000種も存在する。これは硬骨魚類全体の10%にあたり、ナマズ科と並んで淡水魚の科では最大のグループに当たる。

 コイ科の特徴は、咽頭歯がよく発達しており、唇は薄くひだや突起はない。また、上顎を前に出すことが可能である。コイ、キンギョ、ゼブラフィッシュはそれぞれ食用魚、鑑賞魚、実験動物として重要である。

 フナは我が国全域に分布し、河川の中から下流域、水田、ため池、湖沼と生活場所が我々の生活圏と重なっている為、古くから我々と深い関わりともつ魚である。

フナは3種類しか存在しない。(大半は種ではなくて亜種扱い)

ニゴロブナ(琵琶湖博物館ににて撮影)

 フナ類は、頭部が大きくやや側偏した独特の体型をしており、稚魚の尾柄部に現れる帯状の暗色斑紋を除けば、目立った模様や色彩は出ない魚である。

世界に生息するフナはゲンゴロウブナとヨーロッパブナ、その他の極東地域のフナ類すべてとなっているのだ。
極東地域のフナ類は、系統関係がある程度調べられているが、亜種、種のどのレベルまで分化が進んでいるかは不明である。

また、同定が困難なものが多く、整理が遅れている。

​​日本の分類事情​

​ 日本では比較的、集団についての解析が進んでいる。いくつかの独立した集団が確認され、学名が与えられ、多くは便宜的に亜種レベルで扱われている。

しかし、形態だけではどの集団に属すか不明瞭なフナ類も各地から採集されるため、分類学的整理は日本においても完了していない。

まとめ

いかがでしたでしょうか、フナはいろんな種類がいるように見えますが、実際には3種類しか存在しないんですね。

それが逆に分類が難しい理由になっているのかもしれませんね。

コメント