生物学まとめ

ここでは、フナを題材として魚類学を解説していきます。

フナはじめとして魚類について興味を持っていただけたら幸いです。

魚類学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
魚類学(ぎょるいがく、英語: Ichthyology)
魚類学は動物学の一部で、魚類に関する学問である。硬骨魚綱とサメやエイなどの軟骨魚綱、無顎類を含む。
  1. 魚とは
  2. 魚の形態
  3. 魚の生態
  4. 魚の分類

魚類解説

ここでは、日本に生息しているフナ、外国に生息しているフナについて各々の特性に付いて解説していきます。

これを参考にして見分け方を知っていきましょう。

  • ギンブナ
  • キンブナ
  • オオキンブナ
  • ナガブナ
  • ニゴロブナ
  • ゲンゴロウブナ
  • ヨーロッパブナ
  • ギベリオブナ
  • 野生化金魚

魚名学

魚に関する名前に関する解説を行っていきます。
まずはなぜ魚には複数の眺めが存在するのか、なぜ魚に名前がつけられるのかという歴史を見ていきましょう。

  1. まえがき
  2. 名前の種類
  3. 標準和名
  4. 地方名
  5. 外国名
  6. 学名

形態学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
形態学(けいたいがく、独:Morphologie、英:Morphology)
形態学とは、生物学の一分野であり、生物の構造と形態に関する学問です。
形態学的記述では、主に、生物の器官や組織の肉眼的・可視的な特徴を得ます。

外部形態

  1. たいけい【体型】
  2. ひれ【鰭】
  3. うろこ【鱗】
  4. ひふ【皮膚】

内部形態

  1. 筋肉系
  2. 骨格系
  3. 摂食器官
  4. 消化器官
  5. 呼吸器官
  6. 循環器官
  7. 泌尿器官

解剖学

解剖学(かいぼうがく、英: anatomy)
解剖学とは、広い意味で生物体の正常な形態と構造とを研究する分野である。形態学の1つになります。

1)実験動物としてのフナ
2)計測と観察
3)標本
4)解剖

生態学

生態学(せいたいがく、英語: ecology)
生態学は、生物と環境の間の相互作用を扱う学問分野である。
生物は環境に影響を与え、環境は生物に影響を与える。生態学研究の主要な関心は、生物個体の分布や数にそしてこれらがいかに環境に影響されるかにある。ここでの「環境」とは、気候や地質など非生物的な環境と生物的環境を含んでいる。

動物行動学|フナの生活

動物行動学(どうぶつこうどうがく、英: ethology)
動物行動学は、生物の行動を研究する生物学の一分野。日本では伝統的に動物行動学と訳されているが、原語のエソロジーはギリシャ語の ethos(エートス:特徴、気質)に由来し、特に動物に限定するニュアンスがない。
  1. 食性
  2. 遊泳
  3. 睡眠と冬眠
  4. 反射と本能

繁殖生態学

繁殖生態学(はんしょくせいたいがく、英: Reproductive ecology)
繁殖生態学は生態学の一分野。生物の繁殖における生態学的な現象を研究対象とする学問。繁殖とは主に有性生殖が繁殖生態学の研究対象になるが無性生殖についても繁殖生態学の研究対象となる。
  1. 発生と発育
  2. 成長
  3. 成熟と産卵
  4. 寿命

フナと群集生物学

群集生態学(ぐんしゅうせいたいがく、英語: community ecology)
群集生態学とは生態学の一分野。生物の群集における複数種の組み合わせの示す規則性などを理解することを目的とする学問。synecologyともいう。
  1. 群れ
  2. 競争
  3. 捕食被食
  4. 寄生
  5. 共生

環境学

環境学(英語: Environmental Studies)
自然環境、社会環境、都市環境など、人間の生活を取り巻く環境とその人間、動植物への影響について、物理学、化学、生物学、地球科学、社会科学、人文科学等の基礎科学からのアプローチにより研究を行う学問分野である。

生物地理学

生物地理学(せいぶつちりがく、英語: biogeography, biological geography)
地球上の生物の分布や生態系について、地理空間や地質年代との関係を研究する自然科学の一部門である。
  1. 分布と生息地
  2. フナが生息できる理由
  3. 淡水魚の生息様式
  4. 泳層
  5. 地理学

陸水学

陸水学(りくすいがく、Limnology)
科学的な手法によってあらゆる内陸水を調査・研究する学問である。
生態系としての陸水の構造と機能の解明を主目的とする総合科学であり、湖、沼、池、ダム湖、渓流、河川、温泉、湿地、河口域、地下水ならびに雪氷等を対象としている。
  1. 生息環境
  2. 野池
  3. 平野の湖沼
  4. ダム湖
  5. 山上湖
  6. 河川(ホソ)

保全生物学

保全生物学(ほぜんせいぶつがく、英語: Conservation Biology)
生態学の応用的な研究分野の一つ。「生物多様性の保全」と「健全な生態系の維持」を目標に自然科学としての生態学に留まらず、社会科学をも研究領域に含み、その研究対象、手段、実践の方策などは非常な広範囲に及ぶ。一般的に保全生態学と保全生物学は同義とされる。
  1. 絶滅危惧種
  2. 外来種問題
  3. 生息環境問題

水草学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
水草学(すいそうがく)
水草学は、水中植物や水生植物の研究を専門とする分野です。この学問は、淡水や海水の環境で生育する植物に焦点を当て、その生態、生理、生化学、遺伝学、分布、進化などを研究します。
  1. フナと水棲植物の関係性
  2. フナ飼育と水草水槽

生理学

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
生理学(せいりがく、英語: physiology)
生命現象を機能の側面から研究する学問。自然科学に分類される学問である。
フランスの医師・生理学者であるジャン・フェルネルによりこの概念が導入された。

魚類生理学

  1. 体温と水温
  2. 色素胞とホルモン

発生生物学

発生生物学(はっせいせいぶつがく, Developmental biology)
多細胞生物の個体発生を研究対象とする生物学の一分野である。個体発生とは配偶子の融合(受精)から、配偶子形成を行う成熟した個体になるまでの過程のことである。
  1. 生殖と繁殖

神経科学

神経科学(しんけいかがく、英語: neuroscience)
神経系に関する研究を行う自然科学の一分野である。
  1. 視覚
  2. 物理的感覚(聴覚、触覚)
  3. 化学的感覚(嗅覚、味覚)
  4. 脳の構造
  5. 脊髄と神経

体系学

体系学(たいけいがく、英語:systematics)
体系学とは生物学の一分野で、進化に基づいて生物多様性を研究する分野をいう。1]特に生物体系学 (biological systematics) と呼ぶこともある

分類学

分類学(ぶんるいがく、英語: taxonomy)
生物を分類することを目的とした生物学の一分野。生物を種々な共通的な特徴によって分類し、
体系的にまとめ、生物多様性を理解する。
  1. 分類体系の概要
  2. 条鰭類の概要
  3. 骨鰾類とコイ目
  4. コイ目・コイ科・コイ亜科・フナ属魚類

系統学

系統学(けいとうがく、英語:phylogenetics)
生物の種の系統的な発生、つまり生物の進化による系統分化の歴史を研究する学問。種や系統群の分化と進化を研究目的とする。
研究技術として、比較解剖学、比較発生学などによって得られた形態などの情報を、統計学を駆使した分岐学などを用いて解析する。
  1. フナ類の分類事情
  2. 同定と検索98_
  3. 系統分類学